日常点検項目DAILY CHECK



日常点検

日常点検のススメ


自動車は数万点のパーツで構成される機械でもあります。現在の車両は電子制御化が進み、以前ほど機械を意識させない構造であることから、小さな故障や前兆に気付きにくくなっています。一方で機械的な部分が減少したわけではなく、より精巧に精密になっていることも確かです。大半の車両では旧来と変わらず内燃機関によるエンジン、使用されているオイルやブレーキ、タイヤ、バッテリーなど日頃から意識的に注意しご自身で点検を行っておくことで、大きな故障に繋がることを未然に回避することができます。経済的な側面ばかりがクローズアップされがちですが、大切な愛車は財産でもあり、人によっては思い出の詰まった宝物や家族であるかもしれません。

お客様ご自身でオーナーズマニュアルを確認し、以下の項目をチェックするだけでも愛車の変調を事前に察知することが可能となるでしょう。
最後に、やはりお財布に優しい方が良いですよね。日常点検を行うことで環境に優しいカーライフにもつながります。クルマのことはよくわからないと仰る方は多いですが、一度目を向けてあげてはいかがでしょう。基本的な項目を中心にパートごとに解説いたしますので、実践してみましょう。

エンジンルーム

エンジンオイル量

オイルレベルゲージ一旦抜き、ウエス等できれいにふき取ってから、もう一度挿入します。抜き取った後”FULL”と”LOW”の間にオイルが付着していれば問題ありません。

エンジンが冷えている状態で行いましょう。エンジン始動中は危険です。確認が終わったら、元の位置に正しく戻しましょう。オイルは少なくても多すぎてもエンジンの状態を悪くします。

ブレーキオイル量

ブレーキオイルが、オイルリザーブタンクの側面にある “MAX”と”MIN”の間に位置しているか確認しましょう。見えにくい場合は少し揺らすとわかります。

車両が水平になる場所で確認しましょう。ブレーキオイルが不足すると、ブレーキの利きが悪くなる可能性があります。

バッテリー液量

バッテリーを側面から見るとゲージがついています。液がその間に位置しているか確認しましょう。

バッテリー液は手に付着、または目に入らないよう細心の注意をはらいましょう。感電の恐れがありますので、端子には触らないようにしましょう。液量が不足するとエンジンの掛かりが悪くなったり、電装品が正しく機能しません。

クーラント液量

クーラントリザーバタンクの”FULL”と”LOW”の間に位置しているか確認しましょう。

必ずエンジンが冷えた状態で確認しましょう。やけどの恐れがあります。クーラントが不足するとオーバーヒートの恐れがあります。

ウインドウォッシャー液量

ウインドウォッシャー液料は、タンク側面またはレベルゲージに確認しましょう。

液が不足するとフロントウインドウの洗浄ができなくなります。不足している場合はキャップを開け、規定量まで補充してください。

外廻り・タイヤ

タイヤ空気圧・亀裂・破損・摩耗

車種により空気圧の設定は違います、おクルマの取扱説明書を参考に、規定圧となるように設定してください。亀裂や摩耗等の異常が認められた際は、お近くの店舗にご相談ください。

亀裂や摩耗、空気圧の異常(低圧もしくは高圧)はパンクやスリップ、重大事故の原因ともなります。

ヘッドライトやウインカーレンズなどの灯火装置

玉切れや損傷(レンズの割れや汚れ)がないか、動作をしているか確認しましょう。

正常に灯火していないと、視界が悪くなったり歩行者や第三者から確認できなくなる恐れがあり、重大事故につながりかねません。

室内

パーキングブレーキの引きしろ、踏みしろ

駐車ブレーキ(サイドブレーキ)を引いたり、踏んだりした時の引きしろ(踏みしろ)が多すぎないか、少なすぎないかを確認しましょう。

引きしろ(踏みしろ)は大きい場合、パーキングブレーキが掛かりにくくなります。

エンジンの掛かり具合・異音

エンジンを掛ける際、異音や異臭、振動の状態を確認しましょう。

確認を怠るとエンジンの故障や損傷の発見が遅れ、修理に多額の出費が必要となるかもしれません。

ブレーキの踏みしろ

エンジンを掛け、ブレーキペダルを踏み込んだ際の床との間隔、踏みこみの硬さを確認しましょう。

踏みこみが深い、または浅く硬すぎるなどの症状がある場合はブレーキの機能が十分に発揮されない場合があり追突などの原因となります。

ウインドウォッシャーの散布状態・ワイパーの拭取り具合

ウォッシャー液を散布してウインドウに正しく散布されるか確認します。ワイパーを作動させ、十分にふき取られることを確認します。

ウォッシャー散布・ワイパーでふき取りが十分に行われない場合、視界不良などで走行に支障をきたす恐れがあります。

走行中

加速・減速の状態

アクセルを踏んだり離した時の加速や減速具合を確認しましょう。

加速・減速具合が悪い時は、エンジン・トランスミッションのトラブルの可能性がありますので、走行を中止して、すぐにお近くの店舗へご連絡下さい。

異臭・異音

走行中に気になる異音や異臭(エンジンからの)、風切り音がないか確認しましょう。

エンジンからの異音・異臭がある場合はすぐにお近くの店舗へご連絡のうえ、状況をご説明ください。故障の早期発見につながります。異様な風切り音はウインドウの締り、ゴム類の劣化の可能性があります。早期発見で雨漏り等を防止できます。

ブレーキの効き具合

走行中にブレーキを踏み込んだ際の利き具合を確認しましょう。

ブレーキの利き具合をよく確認することで、事故を未然に防止する事につながります。

* 各メーカーにより車両仕様が異なります。詳しくは弊社サービスセンターまたは車両に付属の取扱説明書にてご確認ください。
* 誤った判断は故障を招くことがありますので、ご不明な点やご心配がある場合は専門メカニックにご相談ください。

サービスのご予約・ご相談はこちら