ボディ-コーティング

BODY COATING
豊富なコーティングメニューを確かな技術で
 
BUBUでは、豊富な整備メニューのほか業界No.1の技術と実績を誇る『カービューティープロ』によるボディーコーティングを展開しております。自動車のボディーは日常の洗車による小傷や炎天下での日焼け、雨上がりの水滴によって発生するレンズ効果によるレインスポット、冬場の融雪剤による損傷や塩害など様々な気象条件に直接さらされます。ボディーコーティングでボディー表面に強固な皮膜を形成する事により、これら劣化やダメージは最小限に抑制する事が可能です。また、長期的効果が持続する次世代浸水コーティング『クリティカリティー』コートもご用意しております。
 
BUBUのボディーコーティング
業界No.1の実績と技術を誇る『カービューティープロ』
カービューティープロ
 
プロコーティング、それはクルマの美しさを最大限に引き出すためのカービューティープロのコーティングメソッド。その工程は多岐に渡ります。足周り、ディテイルの洗浄はもとより、見えないところまでキレイにすることにこだわります。そして何より大切にしているのは丹念な磨きの作業。ボディーの状態によって3工程のポリッシングを行いスクラッチ傷やシミなどの除去とともに、塗装面の平滑化を行います。熟練したプロの技が最も光るところです。艶やかな輝き、優れた撥水性能、高耐久性、プロの技がそれらを存分に引き出します。
 
 
一般的なコーティング剤の分子構造では、分子と塗面の接触面積が小さく劣化が早いことが難点でした。
「クリティカリティーコート」は分子が小さく、ボディー表面との接点が多くなることで接着力が増加し、一般的なボディ
ーコートと比べ劣化が遅くなるため、長期間に渡り効果が持続します。従来のコーティング剤の高分子構造(1μm)とは比較にならない0.1μm(1umは10億分の1メートル)という非常に微細な粒子構造のため、粒子同士の隙間が少なく結束力が強く、酸化などの劣化に強いのが特徴です。微細粒子は塗装表面の凹凸に入り込み、強靭で柔軟性を持つ強い塗膜を形成、親水性であるため、ウォータースポットの形成や汚れの付着を防止します。
 
最適なプランをご提案。
 
ボディーコーティングはボディーの状態により、傷や凹みの修理を伴うケースもございます。お客様のご要望に応じて最適なプランをご提案差し上げております。最新モデルからオールドモデルまで広く対応可能です。お気軽にご相談ください。
 
Coatingホットライン  0120-17-2290 メールはこちらをクリック
 
ページTOP