BUBU Freeway/キャデラック葛西/シボレー葛西

BUBU Freeway/CADILLAC KASAI/CHEVROLET KASAI
BUBU x アメ車ワールド | アメリカ車の世界を独自の視点でお届けします。お問合せはお気軽に 0120-17-2290
 
BUBUアメリカ車在庫一覧 | お問合せはお気軽に 0120-17-2290
 
特集 SPECIAL ARTICLES

 

キャデラック販売の最前線

BUBU Freeway/キャデラック葛西/シボレー葛西

認定中古車を積極的に活用するのも手

キャデラック ATS-Vの取材をするにあたり、販売ディーラーに聞いてみた。

 
2017年7月26日 文/吉田昌宏  写真/古閑章郎
 
 

認定中古車は高年式であればあるほどお得

 

  首都高速葛西出口を降りて約5分、環状七号線沿いに立地するキャデラック葛西/シボレー葛西。最寄り駅で言えば東西線の葛西駅になり、近隣の著名建造物でいえば、葛西臨海公園といえばわかりやすいか。

 

 キャデラック葛西/シボレー葛西は、その立地によって東京都心のユーザーだけでなく、千葉にも多くのユーザーを持ち、過去キャデラック&シボレー販売ディーラーでの契約台数ナンバーワンを記録するなど、充実したディーラーとして活動されている。今回、キャデラックの認定中古車を取材するにあたり、キャデラックとその中古車の特徴について伺ってみた。

 

 認定中古車とは、新車登録から5年以内、走行距離6万km以下の条件を満たした車両から、キャデラックを知る専門スタッフが厳選した車両がベースとなる。さらに新車保証残存期間に加え、プラスで1年間の保証が付帯され、それら保証期間中の走行距離は無制限という。ということで、今回取材したような高年式の車両を購入すればするほど、お得であるということである。

 

 また、万が一トラブルがあった場合でも24時間365日体制でサポートしてくれる。すなわち保証期間中なら、全国どこへ行っても安心なわけである。

環状七号線沿いに立地するキャデラ葛西/シボレー葛西は、アクセスが良くひと目で分かる大型の看板&ゲートが目印となる。ショールームには最新のコルベットやキャデラックが展示される。

 
  
 

 

  最新キャデラック事情については、「キャデラックに関していいますと、やはりATS、CTSの引き合いが多いですね。さすがに「V」シリーズまで行きますと相当限られてきますが、ATSが本当によく知れ渡って来たといいますか。ちょうどいいボディのサイズ感やキャデラックの品質感がより浸透してきた証拠だと思います」

 

 昔のようなキャデラックではなく、新世代のキャデラックとしてシッカリ認知されてきたということですよね?

 

 「おっしゃる通り、ここ数年でユーザー層が劇的に変化してきています。もちろん、旧型キャデラックのファン層の方々にも徐々にですが認知されていますし、昨年CT6が登場したことで、そういった方々の乗り換えも行われるようになっております」

 

 これまでにATS、CTS、CT6と乗ってみましたが、どれも相当に素晴らしい車両でしたし、「乗ると凄くいい」というのが現代キャデラックの魅力ですね。

 

 「そう言っていただけてありがたいですが、確かにどのお客様にも試乗後に『走りいいね』とおっしゃっていただけます。そう言う意味では、積極的に最寄りのディーラーにてどんどん試乗してみて欲しいですね」

 

 

店頭にはキャデラックの認定中古車の展示車両が並んでいる。聞けば、高年式車両には新車保証の残りがそのまま適用され、その後さらに一年保証が付くのでお得である。

 

 
 
 

 

  取材した7月13日には、キャデラックSRXの後継車、XT5クロスオーバーが新たに発表されている。こちらはミディアムクロスオーバーSUVとして、2017年の10月28日から発売が開始されるという。日本ではSRXの人気が高かっただけに、XT5への興味も自然に集まるだろうし、是非、積極的に試乗して性能を体感して欲しいと思う。

 

<関連記事>

>> キャデラック ATS-V(認定中古車)の試乗を見る

 

 

 

新たにデビューするキャデラック XT5。

 
ページTOP