ダッジ チャレンジャー R/T プラス シェイカー

DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER
BUBU x アメ車ワールド | アメリカ車の世界を独自の視点でお届けします。お問合せはお気軽に 0120-17-2290
 
BUBUアメリカ車在庫一覧 | お問合せはお気軽に 0120-17-2290
 
特集 SPECIAL ARTICLES

 

往年のモパーマッスルには必需品

ダッジ チャレンジャー R/T プラス シェイカー

デザイン的に不足していた最後のピースがシェイカーフード

 

2010年に起きた転機から4年、じつはその間、毎年生産終了の噂が絶えなかったのだが、その噂を否定するかのように登場したアイテムがシェイカーフードだった。

 
2016年7月25日 文/椙内洋輔  写真/古閑章郎
 
 

往年のチャレンジャーに近づくアイテム

 

  2014年モデルの中でもレア中のレアモデルと言われるのが「R/Tシェイカー」である。もしかしたら日本でお目にかかる機会はヘルキャットより少ないかもしれないモデルである。

 

 というのも、2014年モデルというのは、2015年にモデルチェンジを行うことが知られていた関係上、みな2015年への注目を高めており、日本への輸入が一時的に減っていた時でもあったからである。

 

 だが、それを承知かダッジも2014年にMOPAR14という100台限定モデルを登場させたりシェイカーを発表したりと勢いを止めることをしなかった。

 

 シェイカーとは、往年のチャレンジャーやクーダ、またはその他マッスルカーが持っていた巨大なボンネットフードの突起物。フーード下にあるエアクリーナーケースに直付けされたエアスクープがボンネットフードを突き抜けた形状がいわゆるシェイカーフード(SHAKER HOOD)である。

 

 

 

見慣れたマスクではあるが、フード上にシェイカーがあるとないとでは大違い。これを持って往年の姿にまた一歩近づいた感じだった。

 
  
 

 

  ちなみに2015年モデルからは、各グレードにシェイカー装着車が存在しているために、2014年モデルほど手に入れるのは難しくないのだが、2014年と2015年とでは車体のデザインが変わっているので、前期型の顔が好みという場合には入手するのに時間を有する可能性が非常に高いのである。

 

 取材車には、眩しいほどに輝くボディカラーにシェイカー装着車専用のデカールがボディに貼られ、インテリアには専用のパフォーマンスレザーシート20インチホイールが装備されている。しかもノーマル状態を維持しつつあるMT車である。

 

 試しにわずかながらの距離を乗らせていただいたが、5.7リッターV8とは思えぬほどパワフルかつ刺激的であり、MTで乗るV8エンジンを十分に楽しめる。しかも2トン近いボディ重量を全く感じさせることのない軽快感溢れるハンドリングにさらに驚くこと請け合いである。言わずもがなだがMTミッションを操っての走りは、本当に楽しい。

 

 1970年型のチャレンジャーをモチーフに生まれた現行チャレンジャーは、2009年に登場し2014年でひとつの区切りを付ける(いわゆる前期型)。その最後の一年間のみ限定発売された「R/T シェイカー」こそが、最初にして最後のリアルな復刻モデルの完成型だったわけである。

 

リアスタイルはこれまでと同様のもの。基本的なスペックに変化はないから、大きな変更点はないと言っていいが、翌年2015年では前後スタイルが変わるからどのモデルを選ぶか的を絞ることが必要だ。


 


 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 
 
 
ページTOP